定番商品  |  季節限定商品  |  メッセージキャンディ  |  訳ありお菓子  |
お気に入り カートを見る
 




ハロウィンの歴史

秋になるとカボチャやコウモリ、クロネコのグッズがたくさんのお店に並ぶほど、ハロウィンは日本でも有名になりました。子供の英語教育では文化も取り入れますので、日本で英語教育が盛んになってくるにつれ、ハロウィンも一緒に有名になってきたと考えられます。そのメインになる文化がハロウィンです。子供たちは、ハロウィンなどの外国の文化を通して英語を学びます。

でも意外にハロウィンについて詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?店長自身、ハロウィンのことは「かぼちゃを使う」、「何かのお祭り」、「『trick or treat』と言って子供がお菓子をねだる」くらいしか理解していませんでした。素朴な疑問点について店長が調べましたので簡単に説明しましょう。


halloweenの語源

カトリックの諸聖人の日(万聖節)は11月1日です。「諸聖人の日」とはカトリック教会の祝い日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する日です。 ハロウィン(ハロウィーン、Halloween、Hallowe'en) はヨーロッパを起源とする民族行事で、この「諸聖人の日」の前晩(10月31日)に行われます。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のevening(前夜祭)であることから、

Hallow+een(evening→even→een)

となりHalloweenと呼ばれるようになったようです。

halloweenの起源

ハロウィンの由来は、古代ケルト民族の秋の収穫感謝祭に起源があると言われています。「古代ケルト民族」とは、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の民族です。(みなさんもご存知のエンヤというアイルランド生まれのミュージシャンはケルト民族の末裔です。)古代ケルト民族の1年の終わりは10月31日と定められ、この夜には死者の霊が親族を訪ねたり、悪霊が降りて作物を荒らすと信じられていました。 そこから、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りが行われるようになり、キリスト教に取り入れられて、現在のハロウィンの行事となったようです。

Trick or Treatの由来

ハロウィンで子どもたちが仮装して街を練り歩き、「Trick or Treat!(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と言って、近所の家からお菓子をもらう由来は、中世に農民が祭り用の食料をもらって歩いた様子をまねたものだといわれています。


仮装の理由

ハロウィンは一言で言うと日本のお盆です。お盆は迎え火をして死者の魂に帰ってくるところを教えてあげますが、ハロウィンの場合は、死者の魂だけでなく魔物もこの世にやってきます。この時、魔物に魂をとられたくないために、人間が魔物の格好をして防ぐのです。

Jack-O'-Lantern(ジャックオゥランタン、ジャコランタン)

ハロウィンの時期に一番良く見かけるのは、カボチャに目と口が付いたカボチャのおばけです。このおばけには名前が付いており、「Jack-O'-Lantern(ジャックオゥランタン)」といいます。日本語訳は「ジャックの灯り」。

その昔ウィルという、口は巧いが卑怯で素行も最悪な鍛冶屋の男がいました。彼は死後に死者の門へ着いたのだが、そこで聖ペテロ(天国へ行くか地獄へ行くかを選定する者)を騙し、 生き返りました。しかし生き返った後も反省はせず、前の通り最悪な男のままでした。そのため、再び死後に死者の門を訪れた際、聖ペテロに「お前はもはや天国へ行くことも、地獄へ行くこともまかりならん」と言われ、暗い闇の中を漂うこととなりました。それを見て哀れんだ悪魔は、地獄の劫火から轟々と燃える石炭を1つ取り、ウィルに明かりとして渡しました。その明かりは時々、現世に種火のような弱い光を投げかけます。それから、夜中に不思議な光が見えるとき、哀れなウィルの話になぞらえて「種火のウィル」「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」と呼ぶようになった。この火の別名が 、一般的な男性の名前である「ジャック」の灯りとして「Jack-O'-Lantern(ジャックオゥランタン)」となりました。









ハロウィン の飴は、用途に合わせて様々な種類がございます

お徳用4種のハロウィンキャンディ 50個入り ハロウィン 歴史


もこもこハロウィン巾着バッグ 8粒入り×2袋 ハロウィン 歴史


ハロウィン・ミニポット ハロウィン 歴史




ハロウィン 由来
ハロウィン用のお菓子にぴったり!かわいい動物と果物の絵が人気の“容器入りラブリーキャンディ 100個入り”




【金扇(キンセン)】トップページへ