定番商品  |  季節限定商品  |  メッセージキャンディ  |  訳ありお菓子  |
お気に入り カートを見る
 




ジョギングにおける膝への負担について

このページでは、ジョギング中における膝への負担と、個人的な対策・負担軽減策をご説明いたします。

ジョギング中の膝痛

走るという動きは自分の体重の約3倍の衝撃が足にかかると言われています。そのため、ジョギングやランニングなどを初めたばかりの人は膝が痛くなる傾向が多いようです。
ではどうしたらよいのでしょう。まず、走る前にストレッチを行うことです。ストレッチによって筋肉が柔らかくなり、ストレッチをした方が衝撃を多く吸収してくれます。それでも痛む場合はスパッツや膝のサポーターを付けるのもよいと思います。スポーツショップはもちろん売っていますし、膝のサポーターは薬局でも売っています。しかしそれでも痛む場合はあまり無理をせず、痛みがあるうちは走るのを止め、痛みが引いたら再度走り出すようにしましょう。痛みの原因はおそらくは走り始めてまだ筋肉がついていないために起こる痛みです。筋肉が付けば自然に痛みもなくなると思います。 仮にそれでも膝の痛みが続くようであれば走り方が悪いのだと思います。専門家ではないので専門的なことは言えませんが、私が走る上で心がけているのは足をあまり高く上げず、すり足で走るぐらいの意識で走って衝撃を少しでも少なくすることです。これは普段ジョギングをするときも、マラソン大会に出たときも実践していますが、何も意識せず走った際よりも疲労度が少ないと実感しています。

アースマラソンを完走した間寛平さんの走り方も、「すり足走法」と言われていて足をゆっくりと忍者のようにすり足で前に交互に出していく走り方です。足を高く上げる場合と比べて、無駄にエネルギーを消耗しないので長く走れます。あとは肩に力を入れすぎずに 自然な手の振りから始めると肩への負担が少なく、肩が凝りづらいと思います。慣れれば足幅をもう少し広げたり 足を大きく前に出したりして一歩の距離を長くしていきましょう。


〜ジョギングの進め〜トップページへ戻る




ジョギング時には塩飴で手軽においしく塩分補給とエネルギー(糖分)補給をしましょう!







【金扇(キンセン)】トップページへ