定番商品  |  季節限定商品  |  メッセージキャンディ  |  訳ありお菓子  |
お気に入り カートを見る
 










ジョギングとランニング、ウォーキングの違いとは

このページではジョギングとランニング、ウォーキングの意味とその違いを説明させていただきます。

ジョギング、ランニング、ウォーキングの違い(一般的な意味と陸上用語(ジョギング)用語における意味の違い)

ランニングは英語のrun(走る)の名詞形。その言葉通り、走ることをいいます。ジョギングは英語のjog(ゆっくり規則的なペースで走る)の名詞形であり、現在では無理のないスピードで走ることを意味することが多いようです。ジョギングとランニングの違いは走る速度の違いで、タイムを計ったり出来るだけ早く走るのがランニング、無理のない速度で走ることがジョギングです。 ランニングは運動量も大きいため体への負担も大きい反面、短時間でも大きな効果を得られます。逆にジョギングはランニングより運動量も少ないため体への負担も少なく、長時間継続して運動を続けることができます。 ジョギングとランニングでの消費するカロリーについては、下記の計算式でおおまかな消費カロリー(kcal)が分かるようです。

体重kg×距離km=消費カロリーkcal

また、ジョギングとランニングの違いは、走る速度の違いと言いましたが、陸上の世界においては異なるようです。ジョギング休養や身体のコンディショニングを目的とした、ゆっくり快適なペースで走ることを指し、ランニングは、フルマラソンのトレーニングなどで何らかの強化を目的としたものを指すという違いがあるようです。

ウォーキングは英語のwalk(歩く)の名詞形。そのまた言葉の通り、歩くことを主体とする有酸素運動です。 ジョギングよりさらに体への負担は少ないですが、運動量としてもそれほど多くはなくそれなりの運動をするには長時間歩き続けなければいけません。 ウォーキングとジョギングを同じ時間行った場合、ジョギングでの消費カロリーがウォーキングの2倍に達することもあるそうです。 個人的にはウォーキングだと物足らなく、ランニングだと長時間運動を続けられないので、ジョギングがちょうどよい運動ではないかと思います。




〜ジョギングの進め〜トップページへ戻る






ジョギング時には塩飴で手軽においしく塩分補給とエネルギー(糖分)補給を!


【金扇(キンセン)】トップページへ