定番商品  |  季節限定商品  |  メッセージキャンディ  |  訳ありお菓子  |
お気に入り カートを見る
 






敬老の日 のマナー

ここでは、敬老の日 のマナーについて説明します。
一年に一度の敬老の日。
マナーをしっかり守っておじいちゃん、おばあちゃんが喜ぶ顔が見たいですね。
敬老の日 マナ−

敬老の日 マナ−
敬老の日は、1947年に兵庫県野間谷村の村長が提唱した「としよりの日」が始まりです。「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開きました。これが後に全国に広がったのです。その後「としより」という表現は良くないので「老人の日」と改称され、1966年に国民の祝日「敬老の日」となりました。 現在は、法律の改正により2003年からは9月の第3月曜日が敬老の日となりました。

敬老の日 マナー
敬老の日の定番アイテムといえばお菓子や健康グッズやマッサージ機器です。他には、花、正座椅子なども定番です。また色使いの鮮やかな服も若返ったような気分になるので良いでしょう。余裕のある方は温泉旅行にでも連れて行ってあげると喜ばれます。

また、平均寿命がのびてきた現代では、長寿のお祝いを、誕生日ではなく敬老の日に行う場合もあるようです(特にご夫婦が揃ってご長寿の場合に)。

敬老の日 マナ−
敬老の日は、祖父母や両親を敬うと同時に、地域のお年寄りや社会全体を支えて来て下さったお年寄りを敬う気持ちをいまいちど新たにしていこうというものです。ですので、父母又は祖父母、地域の敬老者に贈るのが一般的のようです。

敬老の日 マナ−
特にこれを贈ってはいけないというものはありませんが、ご年配の方は古くからの慣習や縁起事を気にする方が多いので注意が必要です。具体的には、お茶は仏事を連想させるので禁物です。お茶が好きな方は多いと思いますが、贈り物には適しません。また誰にでも喜ばれそうな花ですが、注意点も多々あります。まず本数は2,4,9などの縁起の悪い数字を避けます。そして菊、ネリネは仏事、シクラメンは苦しみ、その他下向きに咲く花は「首がたれる」とのイメージがあるため避けます。白い花も好ましくないですが、アクセントとして数本入れる程度なら問題ないでしょう。他には、本人の希望があれば別ですが、老眼鏡、杖、補聴器など「老い」を感じさせるものは避けたほうが無難です。 カタログギフトは・・・微妙ですね。細かな文字を読むのが大変な方もいますし、年配の方には馴染みが薄いので、こちらでプレゼントを決めて贈った方が、気持ちが伝わって喜ばれるでしょう。

敬老の日 マナ−
お祝い事用の祝儀のし、祝儀袋を用います。水引きは白赤の「蝶結び」です。

上段は、一番一般的なのは「御祝」です。敬老の日の特別感を出す場合は「敬老の日おめでとう」や「祝・敬老の日」、「敬老の日御祝」など。孫が、祖父・祖母に敬老の日の贈り物をする時は、「おじいちゃん おばあちゃん ありがとう(3行)」、「おじいちゃん ありがとう(2行)」、「おばあちゃん ありがとう(2行)」など。

下段には、贈り主のフルネームや「孫一同」、家族全員の名前などを書きます。





1袋100円以下の敬老の日に配るお菓子







お試しセット。
まずは自分で直火炊き飴のおいしさを試したいという方はこちら。







トップページへ戻る