定番商品  |  季節限定商品  |  メッセージキャンディ  |  訳ありお菓子  |
お気に入り カートを見る
 




健康とお菓子 について

育ち盛りの子供は3度の食事では栄養不足

お菓子の役割のひとつに、「栄養補給」があります。特に育ち盛り、伸び盛りの子どもたちは消化器官が未発達なため、3度の食事だけでは健康に成長するために必要な栄養や、活発な運動に必要なエネルギーが充分に摂取できません。1日に必要な食事量の1〜2割(150〜300kcal)をおやつでとることが望ましいのです。お菓子は、そうした不足分を補うものとして、とても大切な意味をもっています。「10時と3時のおやつ」は、食べる時間や適量を考慮したことなのです。


甘いお菓子は気持ちをリラックスさせる効果も持っています。また、人と人とのコミュニケーションを図るとき、その間にお菓子が、必ずといっていいほど登場してきます。会社での息抜き、旅行のお土産、お見舞い、冠婚葬祭等の記念日など対話や交際、愛情表現、美的感覚、味覚、休息などの仲立ちにお菓子はコミュニケーションには欠かせないものです。お菓子は楽しみと栄養を補います。健康に気を付けながら、お菓子は時間と量を決めて摂るとよいでしょう。





子供の食習慣

「今まで時々しか食べなかった朝食を、毎日食べるようにしよう!」と健康のために食習慣を見直そうと思っても、なかなか改善できない…このような経験があるかと思います。それは、生涯の食習慣の大部分が形成されるのは小学校入学前の幼児期だからです。この時期の食習慣の良否は一生の健康に大きく関与します。 昼間遊び疲れて夕食を食べずに寝てしまうことなど、生活のリズムが乱れると食習慣も乱れがちです。規則正しい生活のリズムを身につけることが大切です。





肥満になる子供

「お菓子を食べると太る」と思い込んでいる方は大変多いと思います。 でも実はお菓子が悪いのではなく、食べ方にも健康 面での原因があるのです。 「早食いをする子供は、ゆっくり食べる子供に比べて肥満度が高い」という研究報告もあります。さらに「一口で食べる量が多い子供ほど肥満傾向にある」との結果も出ています。子供の肥満の予防策は「ゆっくりとよく噛んで食べる」といった、正しい食習慣を早くから身につけさせることが一番なのです。





お菓子は飲みものと一緒に食べましょう

お菓子はカロリー補給に適しています。しかし、活発に動き回る子どもたちは、水分も不足します。健康のために、お菓子と一緒に飲みものも与えましょう。





健康 お菓子。
黒糖、大豆、ピーナッツなど自然食品のみを使用した健康 的なお菓子 “万作”

【金扇(キンセン)】トップページへ




お試しセット。
市販では味わえない本格派直火炊き飴を、まずは少しだけ試すならこちら。