定番商品  |  季節限定商品  |  メッセージキャンディ  |  訳ありお菓子  |
お気に入り カートを見る
 

黒糖(黒砂糖)について

近年、健康食品として注目される黒糖(黒砂糖)

黒糖はカロリーが低くヘルシーです。

※写真は、金扇で実際に使用しております沖縄産 黒糖です。

近年、健康ブームに伴い注目を浴びている 黒糖。ヘルシーでダイエットにも向いている食材としてドーナツなどのパンや、焼酎、梅酒などのお酒、カフェではラテなどにも使用されています。ご自宅で黒糖を使ったレシピを試している方もいらっしゃるかもしれません。
さて、みなさんはこの黒糖には実際にどのような成分・栄養が含まれているかご存知でしょうか?砂糖よりカロリーが低いということはご存知かもしれませんが、黒糖には他にも体に良い成分がたくさん含まれています。


砂糖(白砂糖)と黒糖(黒砂糖)100g中の栄養成分比較(五訂日本食品標準成分表より)


白砂糖
エネルギー:384cal
たんぱく質:0g
鉄:0mg
カリウム:2mg
カルシウム:1mg
ビタミンB1:0mg
ビタミンB1:0mg
黒糖
エネルギー:354cal
たんぱく質:1.7g
鉄:4.7mg
カリウム:1100mg
カルシウム:240mg
ビタミンB1:0.05mg
ビタミンB1:0.07mg


このように、ご家庭にある通常の砂糖(上白糖)に比べ、黒糖はカロリーがやや低く、鉄やカリウム、カルシウムといったミネラルを豊富に含んでいることがわかります。これは、上白糖と黒糖では原料は同じサトウキビですが、上白糖がサトウキビの絞り汁を煮つめた後に精製して作るのに対し、黒糖は精製せずそのま使用します。そのため、黒糖は黒褐色の色をしており、栄養素を逃がさないのです。

黒糖のその他の成分

最近では、黒糖の黒い部分に含まれる「フェニルグルコシド」、さとうきびの表皮の成分「オクタコサノール」、「ラフィノース」が注目されています。「フェニルグルコシド」には糖の吸収を抑制し血糖値の急上昇を防ぐ働きがあると言われています。「オクタコサノール」は中性脂肪と悪玉コレステロールの生成抑制の効果があり、新陳代謝率を高め中性脂肪の生成抑制をするそうです。また、「ラフィノース」は、「ラフィノース」はビフィズス菌を増殖させる働きがあり、腸内をきれいにして生活習慣病を防ぐ天然のオリゴ糖だそうです。

金扇の飴に使用される黒糖(黒砂糖)


このように、黒糖は特にビタミン・ミネラルなどの栄養価が高く、カロリーも控えめな食材です。料理やお菓子、紅茶などに使用し、黒糖の栄養効果を体感してみてはいかがでしょうか?



特等級沖縄産黒糖を使用し、カロリーを押さえた金扇定番の黒飴“黒豆”




お試しセット。
“黒豆”も選べる!市販では味わえない本格派直火炊き飴を、少しだけ試すならこちら。




【金扇(キンセン)】トップページへ