定番商品  |  季節限定商品  |  メッセージキャンディ  |  訳ありお菓子  |
お気に入り カートを見る
 






紅白について

日本では縁起の良い日やイベントなどに紅白が利用されます。このページでは、日本における紅白の由来(ルーツ、歴史)について説明します。


なぜ紅白は縁起が良いのでしょうか?

紅白の色は、めでたい、お祝い、縁起がよい、といった意味で祝いの席の紅白幕や紅白餅、紅白饅頭など縁起物に用いられています。これは由来に諸説ありますが、赤色が赤ちゃんというように出生を意味し、白色が死装束の色のように死や別れを意味するところから、その 2つの色を組み合わせることによって人生そのものを表しているという説や、花嫁衣裳の色であるという説、古来から赤飯を炊いて祝っていたことから赤飯の色であるという説などが主な由来として知られています。


縁起物 以外の紅白

縁起の良いものとして扱われる以外に、紅白歌合戦や、赤白帽、紅白戦など、縁起物意外にも主に「対抗する2組」を表すものとして紅白は用いられます。そのルーツは諸説ありますが、そのひとつに源平合戦とする説がある。源氏が白旗を、平氏が紅旗を掲げて戦ったことが挙げられます。合戦に用いられた配色であり、また、対照的な色合いでもあることから、以来、対抗する配色として用いられるようになったようです。


紅白はなぜ赤白とは言わないのか?

紅白はなぜ、紅白(コウハク)なのでしょう?赤白(セキハク)とは言わないのでしょうか?それは、漢字の読みにおいて、「セキ」という意味が中国では「赤裸々」「赤貧」などのように「裸」「むき出し」などの悪い意味を持つためです。現代でも中国では「赤」と言う文字は使用せず、あかい意味で「紅」の文字が使われています。




紅白。
おめでたい紅白色の飴です。お祝いや縁起の良いイベントにご利用ください。




紅白。
紅白の飴がたっぷり入ってちょっとした贈り物に人気です。縁起物としてもご利用いただけます。










【金扇(キンセン)】トップページへ