定番商品  |  季節限定商品  |  メッセージキャンディ  |  訳ありお菓子  |
お気に入り カートを見る
 






飴の様々な効果について



飴には飛行機の離陸時の耳鳴りの軽減や、食事前に1粒なめることで満腹感を与えることによるダイエット効果が期待できるとお話しましたが、他にも色々な効果を期待できますので、まとめてみたいと思います。




1.顔がほてって頭がボーッとするときに

急に温かい部屋に入ったときや更年期障害の人、アガリ症の人などは顔がほてりやすく、ひどいときは足がもつれてフラフラするような危険性も伴います。 これは上半身、とくに脳の血管が温度差などで広がって、必要以上に血流量が増えてしまった結果なのです。 これをすぐに解消させるには、歯をみがくことです。口中に刺激を与えることで、自律神経が働き、内臓の動きが活発化します。胃や腸へ血液が集まってのぼせた状態から覚めるのです。飴をなめても口中に刺激を与えることができるため、同じような効果が期待できるようです。








2.つわり

妊娠すると卵胞ホルモンが増えるため、消化管の筋肉の動きが弱くなり、胃や腸の動きが鈍くなるために、「つわり」という症状が現れるといわれています。  つわりの症状は一時的なもので、精神的なものなども影響されます。 妊娠6週くらいから空腹時の吐き気などの症状があります。妊娠10週目頃がつわりのピークで、通常は16週くらいまでに消失します。 胃や腸の動きが鈍くなることによるものですので、解消法としては空腹を避け、少量ずつ頻回の食事を摂ることが良いようです。飴を舐めるのも効果があるようです。








3.喉の乾燥

飴は、喉の乾燥防止にも役立ちます。のど飴ですとハーブなどの薬用成分が含まれているため、効果的かもしれませんが、のど飴でなくても効果はあります。飴を舐める事により、唾液がたくさん出て、粘性の糖液(水飴)が喉を覆うため、喉を潤し、喉の乾燥に効くと言われていますためです。 もちろん、ハチミツや水あめを直接なめても効果があると思います。









お試しセット。
市販では味わえない本格派直火炊き飴を、少しだけ試すならこちら。


飴の効果。もぎたていちご。
本物苺使用のプレミアムな味わい“もぎたていちご”






【金扇(キンセン)】トップページへ